未来検定SDGs編に合格すると
1
将来をイメージできる
2
受検対策ができる
3
グローバルな力がつく

こんな方におすすめ

高校生の方へ大学生の方へ社会人の方へ企業の方へ学校関係者の方へ
2020年度の新学習指導要領では「持続可能な社会の創り手の育成」を目標に掲げています。
世界の将来を担う皆さんは、誰の、どんな課題を解決するために働くのでしょうか。
また、近年の大学入試では、小論文や社会科を中心に、SDGsに関連する問題が頻繁に出題されています。
SDGsを学び、自分の将来を考えるだけでなく、新しい入試問題にもいち早く対応しましょう。
企業は、世の中に対する課題意識を持ち、解決のために自らアクションできる人材を求めています。
在宅学習が中心のいまなら、机上を離れて現実の課題を見つけ、それを本当に解決する、という学び方を自ら選択できます。
また、いまでは多くの企業が経営にSDGsを取り入れており、SDGsは共感する企業を見つけるための道しるべにもなります。
SDGsを学んで課題発見力と実行力を身に着け、社会人としてスタートダッシュを切る準備をしませんか。
SDGsは、いまの世界が抱えている課題の地図です。
企業がSDGsに取り組むことは、ただの社会貢献ではなく、グローバルな課題解決に取り組める大きなビジネスチャンスでもあります。
また、商品を選択する顧客や就職先を探す大学生にとっても、SDGsへの貢献度は企業を比較する大きな要因になっています。
SDGsを学び、広い視野でビジネスアイデアを考えるための基礎を身につけましょう。

経営者、CSR、経営企画、採用・教育担当の方にもおすすめです。
2020年7に実施された東京商工リサーチの調査によると、ウィズ(アフター)コロナを見据え、「企業戦略を見直す」と答えた企業は71%で、見直す内容の68.7%が「持続可能を重視した経営への転換」でした。「持続可能な社会の実現」を提唱するSDGsへの取り組みは、自社の事業をチェックし、見直すための重要な指標となるため、リスクヘッジはもちろん、社会の課題解決によるビジネスチャンスの創造や企業価値の向上による優秀な人材の採用、ESG投資家による資金調達にも繋がるものと言えます。本検定はSDGsを理解するとともに、その理解度を客観的に評価できるものとして、会社の発展にご活用いただたらと思います。

SDGsでは、貧困や平和、技術革新など17の目標を掲げ、2030年の達成に向けて、世界各国の政府や各種団体が様々な取り組みを行っています。SDGs教育は、学生のグローバル視点と問題解決思考を育み、世の中にフィットした価値を提供する力を身につけるものとして、企業も注目しています。貴学におけるSDGs教育の成果確認、指導ポイント強化に本検定を活用し、活躍人材の育成にお役立ていただけたらと思います。学年・クラス単位での受検も効果的にご利用下さい。
SHIP

SHIPとは?
SHIPとは、Japan Innovation Network (JIN)と国連開発計画(UNDP)が共同運営する、SDGs の達成をイノベーションの機会として捉え、世界中の課題の解決を企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベーション・プラットフォームです。未来技術推進検定SDGs編は、SHIP監修の試験です。

  • オンラインで受検する試験です。
  • 期間中、なんどでも受検することができます。
  • 試験時間:60分、問題数:46問

検定スケジュール

検定スケジュール検定スケジュール_7月〜
個人受検申し込みボタン団体受検申し込みボタン

お知らせ

  •  
  •  
  •  

申し込み方法

受検料 支払方法

¥3,300(税込)

※団体の場合は1人当たりの金額になります

個人:クレジットカード払い(PayPalを使用)
団体:銀行振り込み

*受検者は受検期間、いつでも本検定を受検することが可能です。
*本検定の未受検・キャンセルの場合に検定料は返金いたしません。
*協会の責に帰すべき事由又は自然災害等の不可抗力によって、本検定の受検可能日が14日以下となった場合のみ、受検料を返金手します。
*返金手続については、【下記問い合わせ先】にご連絡ください。なお、振込手数料は受検者の負担とします。

  • 申し込みフォームを入力

    下記フォームより、お申し込みください。

  • 受検料のお支払い

    お支払い確認後、受検案内を送付します。

  • オンラインにて受検

    受検期間内であれば、いつでも好きな時間に受検できます。

  • 合格通知

    受検期間終了後から2週間以内に、合格通知を送付いたします。

団体受検について

  • 本検定における団体受検の対象について

    企業、各種法人、教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等学校・職業訓練校・各種スクール等)等で、5名以上の受検希望者が在籍する団体が対象となります。

  • 受検結果への受験者名の記載について

    団体受検では、プライバシー保護のため、基本的に受検結果は受検番号に紐づけてお知らせし、受検者名を記載いたしません。受検者名を記載したい場合は、各受検者名が入った「受検者リスト」を、下記メールまでお送りください。なお、頂いた受検者リストは、合格証発行後に破棄いたします。

受検者リスト送付先 : info@future-tech-association.org

PAGE TOP
MENU